Don't Forget to ask Why RSS

Archive

Mar
6th
Sun
permalink

短く楽しい、文句なしに「スゲェ奴」になる方法(翻訳)

人は進歩を計るためには多くの指標があると語るだろう。

彼らが言わないことがある。そのほとんどは意味なんてねぇ

金、キャリア、名声…。言ってろって感じ。これらはまぁ、よしとしよう。だがギリギリの本音を言えばひとつしかないんだ。本当に重要なのは一つのことだけ。

文句なしにすげぇ奴であることだ。

破産してようがカッコいい奴になれる。車椅子だろうがスゲェ。ホームレスでもすげえ奴はすげぇ。死んでたってすげえ奴になれるんだ

生きる意味が欲しいって?ひとつ教えてやるよ。

いいか。今日からお前の目的はお自分で考えうるうち最もスゲェ奴になることだ。お前がだ。

これは俺の話。20代の前半のころ、俺はピアス職人とかタトゥーアーティストって自認してるやつらとつるんでた。90年代の頃だったかな。俺達は狂ったように自分たちのカラダに穴を開けた。

ある日ピアスの開け方知ってる全身タトゥーのアズルに言ったんだ。不思議なことに奴は今じゃ背中にダイアモンドのキングが入ったすげぇポーカープレイヤーとして知られてる。王の頭には斧が刺さってる。やべぇよ。

とにかくよ。ある日そいつんとこ行ったんだ。俺は聞いた。

「自分の腕見てさ、このタトゥーが全部自分のってどういう気分なんだ?こんなになっちまって。」

あいつは大仰に一呼吸おいて言った。

「ジュリアン。マジですげぇ。」

奴はでっかい口あけて笑ってた。

言いたいことはこれだけだ。

お前はどんな友達が欲しい?

どんな仕事に就きたい?

どんな人生が欲しいんだ?

答えは簡単さ。友達も仕事も欲しいし全部すげぇのがいいだろう?人生すごけりゃ他のモンも全部よくなんのさ。お前もハッピー。(゚∀゚)whoo!!

いや、まじで。スゲェ奴になるってのは宗教にするべきだね

ポイントは三つだ。難しく考えるこたぁねぇ。順不同に三つ。

1.自分自身

昨日このこと考えてたんだけどよ。いま居るマレーシア歩きまわる途中で休憩してたんだ。座って「恵まれてること」数えたんだよね。まぁ、なんでもいい。俺の結論はこうだ。

  • 俺には俺のことわかってくれる素晴らしい彼女がいる。しかもいい女。
  • 俺には素晴らしいダチがいる。奴らとは二十年来の付き合いだし、いまでも大したやつにしょっちゅう出会う。
  • ベストセラーも共著で書いたし、今も別のを執筆してる。
  • 他にもあるけどよ。

これをさ、二十四年生きてきた俺の人生にあてはめるとだ。電話番もやったし、夜中の二時まで働いて雪のなか歩いて帰るハメになったこともある。借金漬けだったし、毎日パンと※フムスしか食ってなかった。これは冗談じゃねえ。まぁ、そしたらお前にも誰だってスゲェ奴になれるってわかんだろ。

…お前のことだよ。

でもちょっと待て。もっとあんだから。この世界のいいところはよ、「すげぇ」ってのはさ、主観なんだよな。別に俺のやり方でやる必要はねぇし、俺もお前のやり方ではやらねぇ。判断すんのはお前だ。あと昨日より自分のこと愛せるか、去年より愛せるかってこった。

それが出来ればよ、おめでとう!って言いたい。もうスゲェんだって。もうなってるかもしれないし、これからかもしれないがな。で、一つ言いたい。

これはお前が自分に正直な場合にだけ真実になんだ。

自分の仕事すげーって自分で言ってる奴らはたくさん居る。広報担当とか。それか金たくさん貰ってる奴とか。同じ自己愛に溺れてる奴らさ。俺に言わせてもらえれば間違ってるね

特権的なことやってるからってスゲェ奴じゃないんだって。言い換えれば遠くからみててスゲェのと近くでみるのは違うってこと。で、次のポイントだ。

2.友達・仲間

お前さんが気にかけてんのは誰だ。だれと一緒にやってる?俺にとっては家族みたいな奴ら。親友に彼女に、俺たちがインターネットって呼ぶ世界の尊敬する人達。

お前が自分自身でスゲェ奴かどうかの判断を出来るって知ってる人たち。あとどうやったらもっとスゲェ人間になれるか知ってる人たち。ここで大事なのはお前に本当のこと言ってくれる人達だ

たとえば昨日、フェイスブックでダチのジェイソンからメッセージが来てさ。Jersey Shore(アメリカのリアリティ番組)で有名なスヌーキがニューヨークのベストセラー作家になったって言うんだ。こういう人が頼れるっていうのかな。潮流に敏感で教えてくれる人

だから自分がスゲェ奴かどうかのリトマス試験紙になるのは自分の周りの誇大広告とかメディアに踊らされたりしないやつ。そうそう、宣伝っていえば下のとこからツイートしてくれないか?

ところでお前の周りの奴はさ、お前には絶対見えてなかったり、見えないだろうことが見えるわけ。お前は自分に慣れきってる。だから俺ってカッケーとか、ビール腹みて「そんなに悪くないよな」なんて思っちゃう。お前が実際スゲェかどうかってのは関係ないんだけど、わかんだろ、言いたいこと。他のやつは自分よりずっと自分のことを良く見てくれてるんだよ。

自分の周りに信頼出来るやついるか?そいつに聞いてみ。自分のまわりの一番スゲェ奴にどうか聞くんだよ。

他にはTwitterで聞くのもアリ。マジで。第一印象ってのは大概お前のこと生まれてから知ってる人の意見と同じくらい当たるもんだ。(でもお前の母ちゃんにだけは絶対聞くなよ!)

もしたくさんの人に聞いてさ、みんなお前のことすごいって認めてくれたら儲けもんさ!お前は既にスゲェ奴かも。でもよぉ、もしかしたらお前には他に問題があるかもしれないんだ。それが次の話。

3.お前の世界

オーケー、まずはだ。お前の世界はお前が望むだけ、でかいってこと。だから今何を選ぶかってのは重要じゃない。ただ条件が一つ。

お前が既に自分の周りの奴からみてスゲェ奴だとしよう。そしたらお前は世界を広げなきゃならない。

これは自分のその小さな井戸から出てよ、新しいことやったり、自分のテリトリーの外の人間にポジティブな影響を及ぼすのさ。(偽善や自惚れじゃなく)ボランティア本気でやってる奴らってさ、すげえ奴多いだろ?

俺は確信してる。お前が自分のテリトリーの外の人間をどれだけ助けるかってことと、お前のテリトリーの人間がどんだけお前をすげぇと思ってるかには相関がある。わかるだろ?

たとえば友達のニコールは最近、タイで性産業に従事させられてる子供をそっから連れ出してる友達のことを話してくれた。どんだけスゲェんだって話。で、こっからが特にスゲェんだけど、お前が望めばお前もそういう奴になれんだって。

本気で言ってる。それくらい簡単なんだ。単にもっとスゲェ奴になるって決心するだけで、それがどんな方向だろうと、ネットでちょっとやり方検索したらいいんだ。その知識は勝手に魔法みたいにお前の世界を広げてくれる。そして、お前はもっとすごくなる。だからさ、それやるだけでいいんだって。

簡単だろ、やり方わかったんだから。(゚∀゚)ヒャッハー!

まぁとにかく、俺が言いたいのは何かって?そうそう、スゲェ奴になるってのはもう今からお前の信仰だ。スゲェ奴らのカルトにようこそ。入るのは難しいんだけどよ、いいことだらけだから。

今からお前の仕事は広い世界を見て、何が心を動かすかってことを見つけることだ。本気ですげぇって思えること見つけて、どうしたらそれに近づけるかってこと。

この世界にはもっとスゲェ奴が必要だ。で、俺はお前にその一人になってほしい。

読んでくれてサンキュ。下のところから登録してくれよな。

☆注意。

Julien Smith氏本人はこんなべらんめぇ調ではありません。se7elndnの独断と偏見でこのような雰囲気に脚色してあります。英語が読める方はオリジナルのリンクを参照してください。とても分かりやすい良いメッセージで、日本の皆さんにも読んでいただきたかったので翻訳しました。プロではないので間違いもあるかもしれませんが大体あっているはずです。みんなで、スゲェ奴増やそうぜ(゚∀゚)whoo!

何かあればtwitterでどうぞ。

この記事の短縮: http://goo.gl/7Tgr0

良いと思ったらお好きな形で結構ですのでツイートしてください。日本を盛り上げていきましょ。#oij

※(トルコの伝統料理。にんにく、ごま、オリーブ油、レモン汁などが入った豆のペースト)

英語の原文/original article   http://inoveryourhead.net/the-short-and-sweet-guide-to-being-fucking-awesome/

I have added the following lines to avoid any misunderstandings.

Hi there,

if you cannot read Japanese go and check Julien’s original post. There are wonderful articles about life and other stuff. The url is shown above. His message was so inspiring that made me sit down and translate it into Japanese. I wanted to share his message with my peer. Simple isn’t it? That was my only interest when I did this. If you try to translate this using something like “google translation” you might find this translation as a total nonsense. But this is simply because Japanese and English has a fundamental structural difference as a language. You might get this if you use google translation twice and try to translate something back to English after translating it to Japanese. Go try yourself. 

Anyway, what I wanted to say is I can promise you that I tried my absolute best to retain the meanings and the message of the original article. Well done Julien, whoo!

Thanks,

  1. yukaripeerless reblogged this from se7elndn
  2. se7elndn posted this